大相撲大阪春場所、稀勢の里の優勝を見て思うこと

子どもの頃、千代の富士や若貴ブームに乗りよく見ていた大相撲。
若貴ブームの終焉と共にしばし大相撲観戦から離れていたのですが、
ここ最近、時間もある事からまた再び大相撲を見るようになりました。
今年の一月場所、稀勢の里の優勝、横綱昇進。
小兵力士、宇良の活躍など大変面白く見ておりました。
そして今回の大阪春場所。
巷ではケガを押して優勝した稀勢の里に賞賛、喝采が送られ、
感動ムード一色でした。
ただ、私は千秋楽の照ノ富士との一戦及び優勝決定戦を見て何とも言い切れない、
やるせない気持ちになりました。
それは何故か?話しは前日の14日目、照ノ富士対琴奨菊の一戦に遡ります。
照ノ富士はここまで13勝0敗、琴奨菊は8勝5敗。
現在関脇の琴奨菊にとって二桁勝利をすれば再び大関復帰となる大事な場所。
照ノ富士にとっても優勝のかかる一戦。
さぁ立ち会い、と、ここであろうことか照ノ富士は変化をして
琴奨菊はあっさり負けてしまったのです。
会場内から罵詈雑言、大ブーイングの嵐でした。
この時は、私もTVの前で「照ノ富士つまらないことすんなよ〜」と
憤っていたのですが、ふと疑問に感じました。
今場所の照ノ富士、変化せずとも、圧倒的な取組みをここまでしてきたのに
なぜ、変化をしたのか?をと。少し気になり調べてみた所、なるほど伏線がありました。
過去、照ノ富士のカド番転落がかかった大事な一戦、千秋楽。相手は琴奨菊。
その時は、琴奨菊が変化をし、照ノ富士はあっさり負けてしまったのです。
琴奨菊への批判は特になかったようです。

そして迎えた大阪春場所千秋楽、稀勢の里と照ノ富士の一戦。
13日目にケガをしたにも関わらず、休む事を良しとせず土俵に立つ稀勢の里。
前日の琴奨菊との一戦で悪役になってしまった照ノ富士。
そこに内在しているのは、久方ぶりに誕生した日本人横綱への期待とナショナリズム。
私も日本人なので当然日本人力士を応援する気持ちはありますが、
放送を見てても、実況、解説を含め余りにも照ノ富士を優勝させたくない、
悪役にさせたいように思えて不快にすら感じました。
取組み前の照ノ富士の表情を見たとき、
14日目までの鬼気迫るとはまるで違っていたので
恐らくまともに相撲が取れる精神状況ではなかったんじゃないでしょうか?

稀勢の里が勝てば優勝決定戦に持ち込める中、千秋楽最後の一番、
二人の立ち会い、稀勢の里がまさかの変化。
照ノ富士は動揺からなのか、敗戦。
この時の解説の一言が忘れられない。「ケガした状況だから稀勢の里はこれ(変化)しかないよね」
この理屈がわからない。ケガをしたら変化を許されるのであれば
照ノ富士は大関に上がってからというもののケガの連続。
稀勢の里は目に見える形でケガをしただけであって、
照ノ富士はケガをしてないであろう、という事にはならないし
その言葉の裏に差別とナショナリズムが相撲協会にもはびこっているように感じて
聞いてて悲しくなった。

今場所を見て自分の中で確認出来た事があります。
日本人力士の活躍よりも、
大きな体格の関取同士が己の力を振り絞ってぶつかりあう相撲の醍醐味が何よりも好きな事を。

コーヒーの味を良く変える方法を募集したい

いつも母親と一緒に飲んでいるコーヒーが切れました。インスタントコーヒーで、スプーン一杯いれてお湯で溶かせば出来上がりの、簡単に作れるコーヒー。このブランドね!って覚えていって買ったはずなのに、全然違うものを買ってきました…なぜだろう。パッケージ全然違うんですけど。とりあえず飲んでみたら、あんまり…という感じ。前回飲んでたコーヒーが美味しすぎたのかもしれないけど、間違って買ってきたものははっきり言って物足りない感じでした。だけど、飲まないのも勿体無い!ということで、お互いに一日一杯飲むノルマを課しました。どうにか牛乳で割ったり砂糖入れてみたり、色々ごまかして飲んでます。私はココナッツオイルをいれて飲んでます。でもそろそろ飽きてくるかも。何か、コーヒーの味が良くなるような飲み方ないかなぁ。決して不味くはないんですがね。というよりコーヒーを早く消費する方法でもいいんですが。少しでも美味しく飲めるような方法を考えています。毎日、飲まなきゃいけないので。