衆議院の優越などについて授業をしていました

衆議院のことなどについて訓練をしました。国会の議決は、原則として両議院反応の議決によって成立するが、両議院反応の議決をみることができない場合、とある条件のもとに衆議院の孤立議決をもって、国会の議決と行なう。これを衆議院の優越とよひ、次の4つの場合があります。第ゼロは、常識構想の議決に関することです。衆議院で可決した送付構想を参議院で否決し、または参議院で手直し可決した回付構想に衆議院が承知終わる状態、衆議院は両院議論会を求めることができます。第二は、総額の議決に関することです。総額の議決について、参議院で衆議院と違う議決をした場合に、衆議院は両院議論会を求めなければならないそうです。第三は、条約の承認に必要な国会の完結に関することです。この場合には、総額の議決の判別が準用されます。第四は、内閣総理大臣の指名に関することです。両議院で違う顧客を指名した場合にも、両院議論会の判別があるそうです。国会の要所について一際引っかかるだ。

今年話題になったパナマ文書について考える

一時期かなり話題となったパナマ文書ですが、ほとんどの日本人にとってはあまり関係がないせいかあまり関心度は高くはない印象を受けます。
しかし、世界中で税金対策などの為にペーパーカンパニーを設立したりしてとても問題であると思っています。人間である以上、自分の国の税金をできるだけ払いたくないという気持ちはわかります。それだけに節税という言葉があるのでしょうし、特に日本の所得税は高額だなあというのはとてもわかるのです。しかしながら、そういった納めた税金によって多くの方が助かっていることは事実です。橋や道路を造ったり、被災地へお金がいったり、福祉にも回っているはずです。大きな意味で助け合いと言いますか、そのような気持ちはまたどこか違う形で自分に返ってくるような気もしますし、ごまかしてはいけないと思います。
それから悪いことをするために外国に会社を設立している場合もあるようで、これもいつかバレるのでやめた方がいいと思います。脱毛ラボ 店舗