梅雨の一時、洗濯するのが不愉快に罹るときの私のやり方

梅雨の時代って洗濯物品が何となく乾かなくてちゃんと嫌になります。広間干しの時は、注意しないと生乾きの匂いがしたりして再度洗い直しなんて項目になったりも決める。
ようやっと洗ったのに…なんてジリジリ行なうんですが、そういったジリジリを多少なりとも軽減する為に、フレキシブル剤にこだわっていらっしゃる。
自己流の素敵なアロマなら洗濯物を乾かす場面から楽しみになるからだ。干した下部も室内が相応しいアロマになるので、洗濯物品があっても不快機嫌になりません。
ふと最近までは意外と愛くるしい感じのアロマが好きでよく使ってたのですが、この時期のあまいアロマは少し。
なので、まるでさわやか感じのアロマを最近は選んで買っていらっしゃる。
しょっちゅう洗濯する時は、数種類いるフレキシブル剤からその日の気分に合わせてフレキシブル剤を選びます。
やはりお気に入りのアロマだといいですよね。
ちょい洗濯物品が乾かないお日様が貫くし、しばらくはフレキシブル剤で不快機嫌を吹き飛ばしながら、常々洗濯楽しみたいと思います。