至って死闘、ツボに汗握ったイタリアとの最初戦

EURO2016準々決勝、ドイツ代表対イタリア代表は互いに強豪国同士のはじめ戦、遊び前からビッグイベント屈指の好カードと呼ばれていました。
遊びは旅立ち早々にドイツの主流アスリートの自らあるケディラがダメージ、始まりからドイツ代表は作戦道程の変遷を余儀なくされてしまう。
当初戦は外敵達に好歌手をドイツの外敵を強固な守備のイタリアががらっと跳ね返しそれぞれ無得点のまま以下を迎えます。
以下旅立ち早々にドイツのゴメスがダメージ交替するという事故がありましたが、63分にエジルのゴールで先制、但し78分にドイツのDF、ボアテングのハンドで得たPKをイタリアのボヌッチが確実に決め同点、その後はそれぞれクライマックスを欠いたとおり延長でも決着がつかずにPK戦へって殴り込みしました。
PK戦もそれぞれ譲らず、最終的には9周りのキッカーでやっと決着がつくという史上稀に見る熱戦はドイツに軍配がのぼりました。
とはいえ、占領の代償はあまりにも大きくなりますケディラ、ゴメスという二人の主流を創傷で欠くこととなってしまいました。

洗濯しウェアをたたまず保全、というのだけは受け入れられない

家族の時短がもてはやされて掛かる今。
私もそういった几帳面な皆さんではないので、参考になる技は真似させていただいています。
鍋の余熱を利用した差し置く炊事とか。
なんでも取り付けおきシャンプーとか。
しかし、中にはなかなか受け入れられないものもあります。
最たる例が、「洗濯したウェアをたたまない」というものです。
たたまずに、ハンガーにかけた通りTシャツでもなんでもタンスに収納するとか。
あるいは、肌着や靴下などを、個々人決まったカゴに放り込んで、そこからはおる際に押し出すだけとか。
いずれも無理ですわ、身には。
タンスはギュウギュウにしておきたくないので、Tシャツだのブリーフだの全員ハンガーにかけておくなんて厄介。
肌着や靴下などを、いわば使用済みの洗濯物質のようにグシャグシャにカゴに入れておくなんて、イージーでもイヤだわ。
そこはひと工夫かけてでも、きちんとたたんでウォークインクローゼットにトランクしよですね。
まず、身はそこまで怠惰じゃないですから、本当にたたんでしまいますけど。